東船橋駅前のなでしこ皮膚科クリニックです。一般皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科、レーザー脱毛、ナローバンドUVB

レチノイン酸

レチノイン酸

トレチノイン

通常は単独で外用せず、ハイドロキノンと併用して使います。

特徴

画像の説明
  1. レチノイン酸(トレチノイン)とはビタミンA (レチノール)の誘導体で、生理活性は、ビタミンAの50〜100倍です。レチノイン酸は、誰でも血液中にごく微量存在するものですから、アレルギー反応を起こすことは、ありません。

  2. 米国では、シミ、シワ、ニキビの治療薬としてFDAに認可されており、非常に多くの患者さんにアンチエイジング(皮膚の若返り)薬として使用されています。

  3. 現在多くの化粧品会社から、シワに効果があるとしてレチノールやレチニールエステル配合のクリームが1〜2万円程度で市販されていますが、レチノールやレチニールエステルは外用ではレチノイン酸の約100分の1の生理作用しかないため、実際には臨床効果がなく、単なる保湿クリームという位置づけになります。

  4. レチノイン酸(トレチノイン)の皮膚に対する作用には以下のようなものがあります。

    1. 角質をはがします。
    2. 皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えることにより、ニキビを改善します。
    3. 真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には皮膚の張り、小じわの改善をもたらします。
    4. 皮脂の細胞を活発に増殖させ、皮膚の再生を促します。(約2〜4週間で表皮が置き換えられ、メラニン色素を外に排出することにより、シミを改善します)
    5. 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。


価格: 0.05% 5g 11,000円(税込)

価格: 0.1% 10g 22,000円(税込)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional